空気環境測定を行って、人の健康を害さないために

空気環境測定の結果によって、外で運動をすることを控えてくださいなどと、放送されることもありますね。春の時期ですと、風があるので、まだいいのですが、夏の時期というのは、風もなく、湿度が多いことから、空気環境測定をして、人の体に害を及ぼす危険性があることがあるので、外での運動を控えるようにしないといけないのです。これは、風がないために、外の空気を吸うと、健康にはよくないことから、危険を国民に放送されているのです。運動をすると、多くの空気を吸うためです。私達が住んでいるところで、このような放送があった時には、解除されるまでは、外で激しい運動を控えることが大事ですね。空気環境測定の装置は、常に外に設置されているものなので、異常が見つかった時には、すぐに測定に出るので、正確性がありますね。この測定器は、私達が安全に生活するためには重要なものだと思います。

空気環境測定器購入者が増えているワケ

ビル管理法で日本ではビルごとに空気環境の測定を行わないといけません。そのために用いられる器具が空気環境測定器ですが、最近ではビル管理の会社や専門家だけでなく、一般家庭でもそれを購入するケースが増えているようです。これは一つに震災後に放射能が多くの人の関心事になったことと、また中国のP.M2.5といった近隣の大気汚染に対する危機意識からきているのだと思います。「なにもそこまでしなくても」という意見も聞こえてきそうですが、身の回りの空気がきれいにこしたことはないというのが人情というものなのでしょう。また空気環境測定器の価格自体が個人でも十分に購入可能な範囲であることも、一般消費者の購入へ走らせている要因でしょうか。最近ではネット通販でも購入が可能ですので、身の回りの空気が気になる方はぜひチェックしてみてください。

空気環境測定の資格とは

世にある建物は、延べ床面積が3000m2以上(学校の場合は8000m2)あるとき、空気環境の測定を行わなければなりません。それは、建築物における衛生的環境の確保に関する法律(略称:建築物衛生法)という法律によって定めてあるものであり、その空気環境測定を行う資格は国家資格であるほど重要な検査事項です。法律の「衛生的環境の確保」という文言からもわかるように、古い建築物の検査でもそうですが、新しい建物を作る時など、すごしやすい環境を作るためには欠かせない検査なのです。空気は目には見えないものですが、体内に取り入れるものであり、建物の中で過ごすということは空気の中で過ごすということです。目に見えないものの検査だからこそ、正確な検査とスピーディーな結果のリターン、そしてデータの適切な運用が求められます。

空気環境測定結果の報告書を7営業日以内にお客様に届けるよう作成いたします。 主力商品・サービスはビル管理で、50年以上の実績に基づくノウハウをもとに、適切なビル管理をトータルに行うサービスです。 長年の経験と技術からお客様にご満足いただけるハウスクリーニングサービスを提供しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。 東和の空気環境測定、7つの特徴について。