トルコじゅうたんは最高級品としても有名

トルコじゅうたんは最高級品として、とても有名なものであり、とても長い歴史もあります。数百年は使えると言われているほどとても丈夫であるということでも知られています。職人の手によって、とても長い期間をかけて作られるということもあり、高価なものであるということも仕方がないものです。じゅうたんは色々なものがあります。高級なものほどとても複雑な細工が施されており、美術品としての価値もとても高いものです。日本にもトルコじゅうたんを輸入して販売しているお店はありますし、こうしたお店の商品はとても高額なものばかりです。トルコの伝統工芸品などは世界的にもとても人気のあるものになっています。人気の理由としては、独特の色使いや手間暇をかけているということであり、伝統芸出品としてもとても素晴らしいものです。こうした伝統工芸品のファンもたくさんいますし、多くの人に活用されている商品であるということが言えます。歴史と伝統がある国であり、こうした独自の文化が育つということは、とても貴重な財産であるということが言えます。最近では通販などでも販売されているので、わざわざ専門店に直接行かなくて手軽に購入することが出来ます。

じゅうたんはやはりペルシャ、トルコそして中国

じゅうたんの産地は多々あります。有名どころではペルシャ。これはイラン産の手織りの事で、15世紀から16世紀にかけて全盛期を迎えたそうです。特徴は、人や動物などの叙情的な自然描写の柔らかく極めて細かな具象的んばデザインで、非常に技巧てきな模様です。17世紀にヨーロッパの貴族やお金持ちがペルシャ絨毯にメロメロになりましたね。いいものだから。そして、トルコの絨毯。アジアとヨーロッパの中間に位置しており、東西文化の交流から優れた品物が生み出され、ペルシャ絨毯の影響を受けながら発展したため、ペルシャとは親戚のような感じです。幾何学模様から花や動物など大胆なデザインが多いのが特徴です。そしてなにより結び目を2つつくる「ダブルノット」という二重結びで織られており、強度と耐久性がよく美しい絵柄が損なわれないのがトルコじゅうたんの最大の特徴です。そして、中国というかモンゴルの絨毯。現在はウルグアイ自治区で、シルクロードの東西を結ぶ地点で交易、文化の十字路のためデザインがとても豊富なのが特徴です。昨年中国に旅行に行った際に、ウルグアイのじゅうたんのお土産屋さんで購入してきました。まだ使っていないけど、左右では違う色彩に見えるのです。